STORY OF YARN ALIVE HOUSE

ヤーンアライブハウスが建設されるまで 

In  2014, Yarn Alive became an officially recognized Ippan Shaddan Hojin Yarn Alive. (Hierigata Non Profit). Yarn Alive House has been completed at the end of August 2015! This 60 Tsubo building on 500 tsubo land has a large classroom and meeting room, kitchen, office, warehouse and shipping room.

Knitting and crocheting has given purpose to ladies in temporary housing shelters. It has been both therapeutic and fun! Now that the temporary housing shelters are closing there is a great need for a central classroom for Yarn Alive. This is why we built this building. The office, shipping, and warehouse makes it easier to store donated yarn as well as ease in sending products to other disaster areas and places in need. Please visit our Project Page for past stories. 

2014年、ヤーンアライブはテディ・アン・サーカを代表に一般社団法人ヤーンアライブとなりました。2015年8月末完成したこのヤーンアライブハウスは、建物面積60坪、土地面積500坪あります。ここには、教室、集会室、キッチン、オフィス、倉庫、発送準備室が備えられています。

仮設住宅の女性たちは、編み物をすることを通して毎日の目的を見いだすことができました。編み物はセラピーであるだけではなくとても楽しいのです!仮設住宅が閉鎖される今、ヤーンアライブが一カ所で集まるための場所が必要と考えこの建物の建設をしたのです。オフィス、発送準備室、そして倉庫を持つことによって、寄付された毛糸や道具をよりよく保管したり、また出来上がった作品をより効率的に他の被災地に発送することが可能となりました。過去の記事についてはプロジェクトページをご覧ください。