今日で5年 5 years today

私たちの生活を全く変えてしまったあの3月の午後から、本当に5年も経ってしまったのでしょうか。とても長い時間にも感じられますが、同時にまるで昨日起こったことのようです。東日本大震災。何度も繰り返して言ってきましたが、あのようなことは決して経験したいものではありません。でも乗り越えてきた今、あの惨事をきっかけに本当に感謝できることが多くあることも事実です。

Has it really been 5 years since that March afternoon that changed our lives forever?  In some ways it feels so very long ago and yet it feels like it happened yesterday. I am talking about the Great East Japan Earthquake and Tsunami.  As we have said so many times, we would never, ever wish for an experience like that, but having lived through it we can be thankful for so many things that resulted from that absolute devastation.  

 

私がとても感謝の気持ちでいっぱいのことの一つがヤーンアライブです。津波が町を覆ったあの頃は、以前は夏の休暇の時期に訪れるだけだった海の近くの七ヶ浜という町に、私たち夫婦は一年中住むようになっていました。私の夫は海外に行くことが多かったのですが、私はほとんど退職者のように、太平洋を見渡す崖の上の家でのスローライフを楽しんでいました。以前から編み物はしていましたが、リラックスするための趣味にしかすぎないものでした。

One such thing I am thankful for is Yarn Alive. Before the Tsunami, my husband and I were living year round in Shichigahama, a place that used to be our summer vacation spot on the ocean. My husband was traveling most of the time. I was in semi-retirement, living the slow life on the cliff over-looking the Pacific Ocean. I did knit and crochet, but only as a relaxing past-time. 

 5年前の七ヶ浜町花渕浜

5年前の七ヶ浜町花渕浜

そして津波が七ヶ浜を襲いました。その数ヶ月後に、アイデアが私にやってきました。仮設住宅に住むことを余儀なくされた女性たちに、何か楽しくて毎日の生きがいになるような手仕事を提供できないかと考えたのです。最初は、編み針とかぎ針、そして毛糸を持って行って、集まったみんなで私たち以上に津波の被害を経験した方々のために共に何かを作ることから始まりました。そうすると、みんなが参加するようになりました。みんなで集まると、その場は笑いと喜びに溢れるようになったのです!この女性たちは、編み物のおかげで何時間も楽しい時間を持つことができるようになりました。他にすることはなかったのです。ある人は、夜中に心配で眠れなくなったときにも、編み物をすることでリラックスできたと話していました。また他の人は、「私には将来も希望もないけれど、毛糸はあるよ。本当にありがたい。」と言ってくれました。

Then came the tsunami and the idea, a few months afterwards, to give ladies in temporary housing something fun and purposeful to do with their hands. We started by providing needles and hooks and yarn and working on a joint project to help others who had suffered more than we had during the tsunami time.  Everyone joined in.  There was so much laughter and joy when we gathered!  Knitting and crocheting gave hours and hours of pleasure to these women who had nothing else to do.  Some even said knitting helped them relax when they woke up in the middle of the night, too anxious to sleep. According to one lady, "I have no future and I have no hope, but I have yarn. I am so thankful." 

 

私たちの活動のことが口伝いで広まっていくと、世界中から毛糸が届くようになりました。「毛糸がなくなってしまいました。ごめんなさい。」と言わなければいけない日は一日もなかったのです!編み針も全て寄付でいただいたものです。あらゆる種類の毛糸とあらゆるサイズの編み針とかぎ針、マーカー、はさみ、パターン、ボタン、などいろいろなものが届きました。世界中からの愛情が私たちの町の女性たちへと流れてきたのです!私たちは想像できないほどに恵まれました!

As word spread about our activities, yarn poured in from all over the world. There was never a day when I had to say, "Sorry, the yarn has run out."!  All of the needs were supplied by so many people.  Yarn of every kind, needles and hooks of all sizes, stitch markers, scissors, patterns, buttons, etc.  What an amazing out- pouring of love for the ladies here in this corner of Japan!  We have been blessed beyond measure!

 

私たちは、人々から恵まれてきたことが感謝であることと同時に、世界の他の国々で大変な災害を経験した方々に与える喜びと光栄も体験しています。ヨルダンにいるシリア難民の方々に帽子やマフラーや子供服を寄付することができました。フィリピンの津波の後には被害を受けた孤児院に毛布を届けることができました。ネパールの地震の後には、山岳地域の方々に帽子を届けました。また、モザンビークの子供達に帽子を送ったり、クリスマスの時期にはオペレーションクリスマスチャイルドというプロジェクトと協力してフィリピンの子供達のために2440個の帽子を日本から送ることができました。ヤーンアライブのメンバーが、自分が編んだ帽子を被ってくれている子どもが世界のどこかにいるのだと考えるときにどんな気持ちになるか、想像できますか?私たちのそれぞれの世界が大きなものとなるのです!

Just as we have been blessed by others, it has been our joy and privilege to bless other people around the world who have also faced disaster in their lives.  We have sent hats and scarves and children's clothing that we made to Syrian refugees in Jordan.  We have sent blankets to a children's home in the Philippines after the tsunami in the Philippines.  When the earthquake happened in Nepal we sent hats for people in the mountain regions.  We have also sent hats to school children in Mozambique and just this past Christmas we donated 2,440 hats to go to children in the Philippines as part of the Operation Christmas Child project from Japan. Can you imagine how one of our ladies feels when she realizes that a child somewhere in the world is wearing a hat that she knit? Our world has become so much bigger!

 

ヤーンアライブの活動も大きくなっています。昨年の夏、ヤーンアライブハウスが完成し、9月からは全てのクラスをそこで行っています。その直後、私自身はアメリカに長期で行かなければいけなかったのですが、出発したときには80人だったメンバー数が、5ヶ月後に戻ってみると120人に増えていました!ヤーンアライブは広がっています!たくさんの方々が私たちの活動について耳にすると、参加したいと言ってくださるのです。その方々をグループにお迎えすることほど嬉しいことはありません!

Yarn Alive is getting bigger too. We finished building the Yarn Alive House last year and moved all classes there in September, shortly before I had to leave for the States. When I left, we had about 80 members, but when I returned just 5 months later we had grown to about 120 members! Yarn Alive is growing!  So many people hear what we are doing and want to join!  What a joy it is to welcome them to our groups! 

 

言うまでもなく、ヤーンアライブハウスなくしてはクラスを継続させていくことは不可能でした。この素晴らしい建物の建設のためにご協力くださったみなさまには、どれだけお礼をお伝えしても足りません。ヤーンアライブハウスは、建てられた目的のために確かに活用されています!そして今週は、倉庫も完成する予定です。送られてきているたくさんの毛糸を移動して保管することができるようになります!これもまた、みなさまの助けなくしてはできなかったことです!

Needless to say. our classes could not have continued without the Yarn Alive House. I can not say thank you enough to those who contributed to the building of our wonderful facility.  It is fulfilling the purpose for which it was built!  And this week the Yarn Storehouse will be totally completed so that we can move all of the yarn into the new building!  Again, we could not have done this without the help of so many of you!

 1枚目の写真と同じ場所の今の様子。ここにヤーンアライブハウスが建っています!

1枚目の写真と同じ場所の今の様子。ここにヤーンアライブハウスが建っています!

あの津波から5年経って、仮設住宅に住んでいた方々のほとんどが新しい住居や政府によって用意されたアパートなどに移り住んでいます。やっと新しい生活に慣れてきた頃ですが、多くの方々がまたストレスを感じていると聞いています。大きなキャンプ場のような生活をしていた仮設住宅を離れてから、孤独感に悩まされている方々もいます。新しい生活に慣れることは誰にも簡単なことではありませんが、特に年配の方々にとってはとても辛いことです。だからこそ、この人生の新しいチャレンジを通っている女性たちに毛糸と生きがいを提供させていただくことができることは、本当に感謝です。毛糸が七ヶ浜の人々を活かしています!

Five years after the Tsunami, most people who were in temporary housing have moved to newly built houses or into government-provided apartments. People are finally beginning to settle into their new homes, but we hear that stress levels are up again. Some people report being lonely after leaving the temporary housing areas, which was like being in a big camp. Adjustments are hard for all of us, but especially the elderly. How thankful I am, then, that we can provide yarn and purpose to so many of these ladies to help them through this new stage in their lives.  Truly yarn is helping keep people alive here in Shichigahama!

 

このことを実現させてくださっているみなさまに、もう一度心から感謝を申し上げます。ありがとうございます。

With a heart full of thanksgiving to all of you who have helped make this possible,

テディ・サーカ、ヤーンアライブ Teddy Sawka for Yarn Alive